四日市の宴会は和食割烹居酒屋かっぽう若紀久喜旬へ
かっぽう若紀久喜旬

2009年12月24日

たこは茹でたてが一番

北海道産の真蛸(通称:水蛸)を刺身用に仕入れた

たこは湯がきたてが一番美味しいので、湯がきをお客さんに
出そうと考えていました。

ところが注文を受けてから、湯がくと20分から30分掛かってしまいます。

それでもあきらめずに考えていてふと思いつきました。

それじゃぁということで賄いで、しゃぶしゃぶで食べてみたところ

これはいける。

でも、もうひと工夫しないと若紀久では出せない。

普通のしゃぶしゃぶの出汁だと、牛肉だったりいいのですが

蛸だとちょっと物足りなかったのです。

そこで、出汁を蛸を湯がくときの出汁に近づけました。

これで、出せると考えたのですが

さらにもうひと工夫。

それは、タレです。

ポン酢とゴマだれと比較したら、普通酢の方が合うのですがゴマだれが美味しかったのです。

でも、なんか普通だったんです。

そこに、ピリッと辛味を付けるともっと美味しい。ということになり

若紀久オリジナルの柚子ゴマを作りました。

蛸の味が一番美味しい茹でたを暖かいうちに召し上がってください。

tako.jpg
posted by 若紀久 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | かわら版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34368223

この記事へのトラックバック