四日市の宴会は和食割烹居酒屋かっぽう若紀久喜旬へ
かっぽう若紀久喜旬

2007年03月30日

若紀久って50年もやっているって知っていました?

こんにちは、若紀久喜旬の若大将です。

お蔭様で、昨年はよいスタートが切れました。
ありがとうございました。

昨年12月は30日まで店を開けておりましたが、さすがに最終日は予約もなく、問い合わせの電話もなく、ゆっくり 年が越せるか。と思っておりました。

ところが5時半過ぎに、最初のお客さんがお二人でお越しになりました。

するとその後、二人連れのお客さん、三人連れのお客さんと立て続けに5,6組入ってみえました。

それからというもの、入れ替わり立ち代り結局10時過ぎまでこの状態が続きました。

さすがに10時になると食材が底を尽き始め、注文を頂いても、お客さんに「すいません。ちょっと売切れてしまったんで、こちらのから揚げならできるんですけど・・・」っと本当に申し訳なくって・・・

10時過ぎからは、さすがにお客さんがお越しになるのは少なくなりましたが、閉店間際までお客さんがみえました。

店は12時に終わらせて頂いたのですが、なんせ年末ですので鏡餅を置いて、締め縄を飾って、終わったのが夜中の2時半過ぎでした。

いつもなら1時過ぎに帰路に付けるのですが、さすがに2時半となると、ふらふらでした。

そのお陰で、よい正月を迎えることができました。

年明けは5日から店を開けましたが、既に5日、6日と予約で一杯でしたので、正月はいつもと違って、元旦に津サティへ太鼓を叩きに行って、後は十分休養をとりました。

今年も、喜旬らしい、おいしい料理を提供できると思います。

さて、今年は若紀久が始まって、50周年になります。

また喜旬に変わって1周年になりますので、イベントを考えております。

若紀久は先々代が50年前、魚石という仕出しの魚屋から鳥料理の鳥紀久を立ち上げたのが始まりです。

イベントでは昔の料理の復刻版を検討中です。

若紀久の時代でも、鳥紀久の時代でも結構ですのでこれは美味しいとか、これが食べてみたいという料理がありましたら、是非教えてください。

記念イベントは、今年の5月ぐらいを考えております。

楽しみにしていて下さい。

ホームページにて、進捗をお知らせしようと思います。

若紀久 喜旬
フリーダイヤル:0120−43−5401
四日市市諏訪栄町6-21(近鉄四日市駅より徒歩1分)
http://www.wakakiku.com/

newsletter070302.jpg
posted by 若紀久 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | かわら版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3621898

この記事へのトラックバック