四日市の宴会は和食割烹居酒屋かっぽう若紀久喜旬へ
かっぽう若紀久喜旬

2012年05月17日

旬の味旬の喜び若紀久喜旬かわら版 第26号

知らない人でも「友」になる料理と酒のチカラ


若紀久喜旬の石田です。

前回のかわら版では、早川酒造部さん酒蔵めぐりで試飲をしたところまで、お伝えしました。

前回もお伝えしたとおり、参加されたお客様は当日初めて顔を会わされた方ばかり。

参加されたグループごと移動されて、試飲をしたときもまだそんな雰囲気が続いていました。

「この企画は、ちょっと無理があったかなぁ」 なんて思いながら、少し控えてみておりました。

そしていよいよ試飲会の時間になって、若紀久特製のおつまみの出番です。

料理は、「ぶりの照り焼き」、「ホタテの黄身焼き」「出し巻き」「菜の花」そして「炊き合わせ」。
炊き合わせは、大根・小芋・蓮根・筍・卵の黄身をころもにして炊いた海老の黄身煮、そしてふきです。
まだあります、あま鯛の竜田揚げ、白魚の南蛮漬け、ヤングコーンと青唐です。
さらにそば寿司とタラのしらこを炊いたものです。

おつまみ程度のつもりが力が入ってしまって、ちょっといい弁当になってしまいました。

これが一人ひとりのつまみで、お酒は早川酒造部さんに用意してもらった蔵出し生原酒から始まり、純米吟醸、純米原酒他と販売されているものをほとんど出して頂きました。

それとは別に非売品ですが、タンクから出てきたばかりのお酒を出して頂きました。
火入れも、ろ過も、全くしていないもので、少し黄色い琥珀色のお酒です。
これは酒蔵めぐりならではのものです。

このときぐらいから、皆さん盛り上がってきました。
このときに、「若紀久を応援する会を作ろう!」なんていう話が出てきたのです。

5時過ぎに宴会が終わり、その後、早川酒造部さんにご用意して頂いたお土産ものを買い帰途に着きました。店に戻ったのは、6時過ぎでした。

楽しい時間をありがとうございました。


6周年企画。利き酒この料理に似合うお酒は?

店を変わってから、もう6年が過ぎました。
この時期になると皆さんもお楽しみの周年企画です。
今までは、親子対決。珍味など料理を中心にやってきましたが、今回はお酒が主役です。

以前から、この利き酒という企画はやりたいと思っていたのですが、ただの利き酒だったら、若紀久らしいところが全然出ません。

そこで今回は我々が考案した料理とどのお酒が一番合うのかを、皆さんに投票してもらうことにしました。

第1週と第2週では料理を変えます。

第1週の料理は、オバケです。「尾羽毛」と書きます。
尾羽毛は、鯨の尻尾に近いところの脂身です。
この脂身を湯通しして、脂分を落とします。この脂身をそのまま食べても何も美味しくありません。
これは尾羽雪というぐらい真っ白でふわふわしています。食感を楽しむものです。
これを辛子酢味噌で食べて頂きます。ですので味は辛子酢味噌の味だけです。この味噌が美味しくなかったら全然だめな料理です。

勿論これは、若紀久特製の辛子酢味噌です。
アルコールの中でも、日本酒によく合う料理だと思います。
若紀久オリジナル酒喜旬では、大将は白が、私は黒が合うと思います。

第2週の料理は、蓴菜 (じゅんさい)です。

蓴菜は水蓮の新芽です。
瓶に保存してあるものは別として生のものは梅雨時にしか、食べられません。
水蓮の生息した沼に入って、一つ一つ摘んでくるもので高級食材の一種です。
この食材も食感だけです。新芽の周りにゼリー状の粘液があり、つるりとしたのど越しがいいんです。
さっと湯通しをして、色だしをしたところに、旨味出汁を掛けて召し上がって頂きます。
私は、これはオリジナル酒喜旬の白だと思います。大将は黒がお勧めです。


この2つの料理に、オリジナル酒2種と他純米酒3種類のうちどのお酒が一番合うかを投票して頂きます。
そして、料理との相性1位になると予想するお酒は、どれかを選んでもらいます。


1位を予想した方の中から抽選で10名様に今回の利き酒の中からお好きなお酒を(4合分)進呈することにしました。

6周年企画の期間は
第1週が6月11日〜16日 料理:「尾羽毛」
第2週が6月18日〜23日 料理:「蓴菜」
参加料:1,050円(税込)


ご参加楽しみにお待ちしております。

フリーダイヤル:0120−43−5401
四日市市諏訪栄町6-21 http://www.wakakikukisyun.com/

posted by 若紀久 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | かわら版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55904693

この記事へのトラックバック